未分類

管楽器奏者のためのワークショップVol.2終了!今回も演奏に関してとても有意義な時間となりました

ごんざゆういちと木下淳平の管楽器奏者のためのワークショップVol.2が無事終了しました。

今回は第1回よりさらに多くの方に参加いただいて、時間みっちりレッスンをすることができました。

今回は東京都・千葉県のほか、なんと岐阜県(!)からはるばるワークショップに参加してくださる方もいて、講師はうれしい限りです。

 

学校や部活で忙しい中の貴重な土日に、「自分の楽器演奏を少しでも良くしたい!」という想いで集まってくれたみなさん。

その熱意のおかげで、とても有意義な講座にすることができたんじゃないかと思います。

 

 

レッスン形式で自分の変化を体験

前回は参加者の気になることや、共通する問題点をみんなで共有して意見交換をしたりしましたが(第一回の様子はこちら)、今回はうれしいことに参加者が多かったので、ひとりひとりのレッスン時間を多くとることにしました。

 

そのなかで自分の変化に驚いたり、他の人の変化に気づくことができたり、気になるトピックに関してみんなで理解を深めたり。

参加者のみんなはメモの嵐。とても濃密な時間になりました。

 

講座で具体的にどんなことをやったのか、参加者がどう変わったのか、などはまた後日アンケートとともにお伝えします。お楽しみに。

 

 

ごんざさんと木下という講師2人体制の新しい可能性

今回の講座で気づきがあったのは参加者の皆さんだけではなく、講師を務めたぼくとごんざさんも同じでした。

ぼくとごんざさんは教え方も、口調も、問題解決のアプローチの仕方も、ものの考え方もかなり違います。えぇ、かなり。

 

今回の講座の中でも、

 

「いまじゅんぺいくんが言ってくれたこともあるんだけど、ぼくは違くてこうだと思うな。」

 

という場面がありました。ぼくの意見とごんざさんの意見が違ったのです。(別に喧嘩しているわけではありません。あしからず。)

 

(講師2人が違うこと言ってちゃ生徒が混乱するんじゃないの・・?)

 

となりそうですが、これは逆に言えば生徒さんが選べる選択肢が増えたということ。

レッスンを受けていた方に「じゃあ木下案とごんざ案、両方ともやってみましょうか!」と提案して「どっちがやりやすかった?」と選んでもらうことができました。

 

2人でやる講座は、講師2人分の選択肢があり、生徒は自分に合った選択肢を選ぶことができる。遠慮なくいろいろ試せる。

ほかに類のないこの講座ならではの可能性を感じました。

 

 

第3回は9/2(土)!

第3回となる次回は9/2(土)の午前中になりました。

回を追うごとに参加者の規模も、出身地も、講座の内容も深く、濃く、楽しくなっていると感じるごんざさんと木下淳平のワークショップ。

次回も参加者の笑顔と成長がみられる素敵な講座になるといいな。

 

会場や対象などは追々お知らせします。

講座に関しての質問や要望は随時受け付けていますので、気になる方は、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

-未分類