未分類

ごんざゆういちさんのブログコンサルを受けて

 

先日ごんざゆういちさんの「音楽家のためのブログコンサル」を受けてきました。

 

音楽家のためのブログコンサルでは、ブログを通じてあなたのことを知ってもらうことで、あなたの想いに共感し、あなたと、あなたのことを必要としている人とを繋ぐためのお手伝いをします

そのためには、あなた自身も気づいていないあなたの魅力を発掘し、それを表現し、発信する方法を考えていく必要があります。(Gonlog「音楽家のためのブログコンサル」より抜粋)

 

ブログコンサルでは、

 

・どんな媒体(ブログ、Twitter、Facebookなど)で発信するのか

・だれに向けて発信していくか

・どんな内容を伝えていくか、

・どんなふうに文章を書いたらいいのか、

・あなたの強みは何か、

 

など、音楽家の発信についてありとあらゆることを相談します。

 

 

コンサルを受けようと思ったきっかけ

もともとぼくはブログも開設はしていましたし、ツイッターでレッスンの模様や自分の音楽活動のなかで大事だなと思うことを発信していました。

ですがブログを書こうとすると、何を書いたらいいのか、だれに書いたらいいのか、わからなくなって手が止まってしまっていました。

「やっぱり書こう!」と思って続けてみても、いつの間にか書かなくなっている。

 

なんか中途半端だ、どうにかしなきゃ、と思い、音楽家の情報発信で大変有名なごんざさんに僕の情報発信に関してアドバイスをもらおうと思ったのがきっかけです。

 

 

実はきっかけはもう一つあって・・・

今や音楽家のブログといえば「Gonlog」となっているごんざゆういちさんのブログ。

じつはブログ開設の時期は僕とほぼ一緒なのです。

ぼくはごんざさんが

 

ブログをはじめ→記事を毎日書き→読者のかたがたくさん共感して→PV数を伸ばし→全国各地の管楽器奏者からレッスンの依頼がくるようになる

 

という過程を間近で見てきました。

 

本当にすごいと思いました。

こんなことが本当にできるんだと驚きました。

 

ぼくもレッスン活動は日々行っていますが、まだ僕の手の届かないところに演奏が上手くいかず困っている人はたくさんいる。

ごんざさんはブログを通じて、そういう演奏で困っている人たちに役立つ情報や、実際にレッスンを受けられる機会(出張レッスン)をつくって、事実その人たちの助けになっています。

 

ぼくも自分の学んだこと、経験したことがもっと多くの人の役に立てればとてもうれしい。

そのための手段をブログコンサルで相談しようと思ったのです。

 

 

コンサルではこんなことをしました

コンサルでは

 

1.自分はどんな人に向けてどんな音楽活動がしたいのか

2.その人たちが求めているものは何か

3.それがわかったらどんな記事を書いていくか、どんな文章で書いていくか

 

といことを、ごんざさん自身がどうやっているのかということを例に話し合っていきました。

 

自分はどうしたいのか、自分自身では堂々巡りになってしまいそうなこのテーマを、他の人と一緒に話す機会はなかなかありません。

実際に話すと考えが徐々にまとまってきて、発信の方向性が見えてきました。

 

 

発信を続けるモチベーションを保つには。

ぼくのネックはここでした。どうしても続けられない。

そこでごんざさんからいただいた主なアドバイスは2つ。

 

1.あなたが発信することに意味がある


 

「ブログのネタがかぶっていたって、ありきたりなことを書いていたって、あなたの文章だからこそ伝わる魅力や相手がいる。

とくに音楽家は今まで入ってきた部活の種類、入った大学、学部、ついた先生、今までやってきたこと、これからやりたいこと、など本当に人それぞれ。

ぼくの記事ではピンとこなかったけど、じゅんぺいくんの視点で書くからこそ「そっかそういうことか!」と理解できる人はいるよ。」

 

とアドバイスをいただきました。

これって指導やレッスンだけじゃなくて、演奏活動にも言えることだなとふかく思いました。

 

ぼくより上手い人は星の数ほどいるし、これからもたくさん出てくる。それでもぼくにしか出せない音やできない音楽があって、それを聞いて喜んでくださるお客様や、一緒に吹きたい演奏家仲間も絶対にいる。

ぼくの活動を支えるおおきな言葉をいただきました。

 

 

2.行動しなきゃ変われない。なにか変われる可能性があるなら、続ける。


これはごんざさん自身がブログなどでもおっしゃっていることです。

音楽家仲間という以前にごんざさんは人生の先輩。ブログを毎日書くようにした経緯を聞く中で話してくれた、ごんざさんがそれまで歩んできた人生が壮絶過ぎて、若造じゅんぺいは絶句するしかありませんでした。(すみません笑)

 

「この状況を変えられる可能性があるなら、やるっきゃない。」

 

そう思い、必ず毎日ブログを書く、と自分自身と約束したそうです。

くわしくはこちら→「発信するようになったきっかけ」

 

 

お店を出るときに

コンサルが終わってお店を出るときに、一歩的にごんざさんと約束しました。

 

「次会うときまでに一日一記事書きます。」

 

ごんざさんは発信し続けると自分自身と約束した。ぼくはそんなごんざさんと発信を続けると約束をしました。

ごんざさんは「まぁやらなくてもいいよ(笑)」って感じでしたが、今のところ約束は守れています。(次会うとき)

 

 

コンサルを受けた感想

音楽家が行う活動の内容、その活動の広げ方というのは案外不透明です。

ですが、今回のコンサルで、レッスン活動も演奏活動も、自分自身でアプローチすることができるということを学びました。

僕が受けたのは単発コンサルでしたが、継続して受けたほうが経過がわかり対策が練れてより効果的だと思います。

 

今までなかった、知らなかった、ことを知れる他にない機会です。

ブログ、Twitterに限らず、自分をアピールする方法に困っていたり、行き詰っている方がいらっしゃったら、何か解決の糸口がつかめるかもしれません。

ブログコンサル、とってもオススメです。

-未分類