演奏に困ったとき

楽器が上手な人が吹くときに考えている1つのポイント。

2017/06/01

「どうしてあの人は、音程はいつもピッタリで、音も外さないし、音量はうるさすぎず弱すぎず、フレーズも長くて、音色がすごくきれいに吹けるんだろう。」

 

楽器な上手な人を目の当たりにするとなにもかも完璧に見えてきます。ぼくも先生の演奏を聴くといっつも思います。

 

でもその楽器が上手な人は

(音程はピッタリで、音も外さないように、音量はうるさすぎず弱すぎず、フレーズを長くたもって、音色をきれいに吹くぞ・・・!)

って考えながら吹いているのでしょうか?

 

たぶん逐一こんな細かく考えてはいないはずです。

 

ではどんなことを考えて普段楽器を吹いているのでしょう。

 

完璧に見える「楽器が上手なあの人」がやっていること

過去にTwitterでこんな投稿をしたところたくさんのかたに反応していただきました。

 

 

きっと楽器が上手なあの人は

「自分がこう吹きたいという理想」

があって、それを実現しようと楽器を吹いているのだと思います。

 

 

ここでちょっと質問。

試しにあなたが吹くフレーズ、あなたが出す音で、「こんなふうに吹けたら最高だよな・・・!」という演奏を具体的に思い浮かべてください。

 

 

その演奏、どうでしたか?

きっと音程も良くて、音色もきれいで、フレーズも長く、音量も最適であったはずです。

 

わざわざ(音程はピッタリで、音も外さないように、音量はうるさすぎず弱すぎず、フレーズを長くたもって、音色をきれいに吹くぞ)って思わなくても、「こうやって吹きたい!」っていう具体的な音を持つだけで、音程も、音色も、フレーズ感も、音量も、そのほかいろんなことを同時に想うことができます

 

 

楽器が上手な人は、望んだ音を望んだように出す能力が人一倍すぐれています。

 

チューナーピッタリの音ではありません、自分の望んだ音程です。

機械のようにブレない音ではありません、自分が望んだロングトーンです。

絶対にハズれない吹き方ではありません、自分が望んだ旋律を吹くのです。

 

 

そのためにまずやるべきこと

たくさん演奏聞いてください。できれば生演奏で。

それも超ど級のスーパープレイからコンクール地区大会予選まで、身近なところから遥か雲の上まで、良い演奏もイマイチな演奏も全部。

そしてそれを真似してみてください。そのとおり吹けなくても大丈夫です。

「こんなふうに吹きたい!」って思ったら、とにかくやってみるのです。

それが第一歩、そして一番大事な要素です。

 

 

まとめ

いろんな奏法や練習法はそれをやることに意義があるのではなくて、本当は「こんなふうに吹きたい」を実現するためにあるのです。

「こんなふうに吹きたい」、いつも心の中に持ち続けて、楽器演奏に取り組んでいてくださいね。

 

-演奏に困ったとき