演奏に困ったとき

息が苦しくなるのは息が足りないからじゃない!?フレーズを吹き切るために考えたいワンポイント。

最近レッスンにいらした方で

「息が持たなくて吹いていると苦しくなってしまいます。たくさんブレスを取るにはどうしたらいいですか?」

と相談された方がいました。

このような問題に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

でもこの問題、実は息が吸えていないんじゃなくて、別のところに問題があるのかもしれないのです。

考えてみてほしいです、

それって本当に息が足りなくなって苦しくなってるのでしょうか?

 

「息が足りないくて苦しい」と「息が詰まって苦しい」がごっちゃになってない?

演奏中息が苦しいっていうのは、もちろん息が次のブレスのポイントまで足りなくて苦しくなる、っていうケースもあります。

 

そのほかに

息を出さないようにしていて苦しくなっている、

息の出さなすぎが苦しさを生んでいる、

 

というケースがあります。

「苦しくなってしまうのは息が足りないからもっと息を効率的に使わねば、もっと息を吸わねば、」と考えているのに苦しくなってしまうのはこのケースである場合が多いです。

 

 

実際レッスンをしたAさんの演奏を見たときに

 

「~♩・・・プハッ!あー息持たなかったーこれなんですよこれ」

 

と仰っていたのですが、

プハッってやってるってことは一回余った空気を吐き出してから吸ってるってことなので、息はむしろ足りている様子でした。

 

Aさんはまさにこのケース。

息が苦しいのは息が足らないからと思い込んでいたのですが、ほんとは息が出ていかなくて苦しかったのです。

 

 

「押してダメなら引いてみろ」もいいけど「押してダメなら敢えてもっと押してみる」も結構役に立つ。

息を使いすぎだと思って息を節約しようとして苦しくなってしまっていたAさん。

1つ提案として「もっと息贅沢に使ってみたらどうなりますかね?」と提案してみました。

 

そうしたら、レッスンの初めに吹いた時より長く演奏できるようになったのです。

加減がわからなかったので息を多く吐きすぎてしまい最後まで吹き切れなかったのですが、これは大きな成長です。

 

「息使いすぎなのかなぁ。もっと息節約したほうがいいのかなぁ。」って思ったら

 

プランA:節約してみる(引いてみるプラン)

プランB:あえてもっと吹いてみる(押してみるプラン)

 

を試してみると良いかもしれません。

 

 

「息を出さないように」でもなく「息をとめないように」でもなくて「息をやりたいことのために使う」

このやりとりを踏まえたうえで、最後に次の提案をしてみました。

 

「『そのフレーズを吹くためにだけに息を吸ってそのフレーズを吹くためだけに息を吐く』って思って吹いたらどうなる??」

 

 

結果見事にフレーズを吹き切りました。

息を出さないようにや、息を止めないようになどの否定系をモチベーションとするのではなく、

ただ目の前の目標を達成するために、そのためだけの行動をする

というプランの提案でした。

 

フレーズの出発地点とその道のり、終着地点を明確にすることにより、そのために必要な息の量や吐き方なども明確になったのだと推測できます。

 

 

まとめ

漠然と「息が苦しい!」と悩むのではなくて、Aさんの時のように

 

・その苦しさはどこからくるんだろう

・それはほんとかな?

・試しに今までやってたことと逆を試してみたらどうなるかな?

・試しに今までのをさらに意識的にやったらどうなるかな?

 

って考えてみると良いかもしれません。

この記事が一人でも多くの方の役に立てばいいなと思います。

 

 

 

 

 

-演奏に困ったとき
-,