練習法が知りたいとき

リップスラーの練習の仕方とポイント。

2017/06/01

最近リップスラーの練習に意識的に取り組もうキャンペーンを開始しました。

大学1年生のころ(ほぼ猟奇的なまでに)たくさんやっていたリップスラーの練習ですが、当時それが曲に生かされていたかと言われるとうーんって感じでした。

 

今いろんな経験を経てやってみると、なるほど要点などがまとまって感じられました。

今回はその要点を書きだしました。

 

 

リップスラーはタングスラーである。

リップスラーと言われると唇で音を変えるような気がしますが、リップスラーで活躍するのは唇ではなく「舌」です。

舌の真ん中らへんをあげたり下げたりすることで音を変えていきます。

演奏時の下の動きでとてもわかりやすい動画がこちら。

ベルリンフィルのHr奏者サラ・ウィリスさんの動画です。


こんな感じのことが演奏しているときに起こっているんだよってことがイメージしやすくなると思います。

 

舌の動きによる息の動きの変化で音は変わる

舌の動きで息の方向性を変えることでリップスラーというのはできるようになります。

なので舌の動きだけに注目して息を流し続けることを忘れないようにしましょう。

 

 

何度も同じことを言いますが、リップスラーは舌の動きだけをやるのが目的ではなく、

 

「音を変えるための息の変化のための舌の動きを明確にする練習」

 

です。

舌の動きの意識を明確にしてハッキリ動かすことが大事です。

その動きによって生み出される息の動きで音を変えていくのがリップスラーです。

 

なので音の代わりもスムーズに、そして変わるタイミングも明確にやっていきましょう。

 

僕個人の感覚だと舌はかなりダイナミックな動きをしてもいいような気がしています。それはまぁ人それぞれですが。

 

注意点1

動画を見てわかったかと思いますが、純粋に舌の動き"のみ"で音を変えているわけではありません。

あくまで「音を変えるための息の変化」を手助けするための舌の動きなので、メインは息です。

なので身体から息を送りだす力の変化も必要です。

外に出ていく息を変化させることを忘れないようにしましょう。

 

注意点2

これとてもよくあることですが、音の上下と息の動きがごっちゃにならないようにしましょう。

よくいますが、音が上にいくと自分まで上にいっちゃう人ですね。

それあんまり必要ないです。

 

どんなに音が上下ても息は進み続けるっていう意識は忘れちゃいけません。

 

 

個人的リップスラーの着眼点

まぁ何が言いたいのかっていうと、

舌のことだけではなく、それによって変えられる息のことまでしっかり意識して取り組みましょうってことです。

 

 

大学1年生のころはそのことあまり明確にせずやっていたのであまり効果的に作用しなかったんですね。

まぁ先生はちゃんと説明してくれていたのですが。すんません。

でもようやくうまく練習できるようになってきました。

まだ文字に起こすと不透明なところも多いのですが、そこは現時点では直接レッスンで伝えていけたらなと思います。

-練習法が知りたいとき
-,