演奏に困ったとき

ピアニッシモでも頭の中はフォルテッシモ!小さい音を吹くときに気を付けたいこと

2017/06/01

ピアニッシモの時こそ頭の中の音楽はフォルテッシモ

これほんと大事だよなーって思います。

ピアニッシモのイメージって繊細とか、小さいとか、やさしいとかあるけど、

それって音楽のイメージであって意識までか弱くする必要はないんだよね。

 

ピアニッシモを意識するあまりそーっと吹こうとしすぎると、出るタイミング、音のイメージ、息のスピード、発音の決断などがうやむやになってしまいます。

 

それはやらなくていいことで、やっぱりアクションは明確である必要があります。

 

この「ピアニッシモの時こそ頭の中の音楽はフォルテッシモ!」は

「繊細なイメージを積極的にイメージして、その意識を明確にして吹けよ」ってことなんですよね。

 

音楽のイメージは大切にしつつ、それをはっきりと意識的にやる。

大切だよなって改めて思いました。

 

関連記事のこちら

上手な人がやっている「丁寧さ」について

 

ピアニッシモが上手くいく!誰でもできる一つのアイデア

 

を合わせて読んでみるともっと理解が深まりますよ。

 

 

今日は手短にこの辺で。

ではでは。

-演奏に困ったとき
-