演奏に困ったとき

どんな場面でも「丁寧に吹く」ことの大切さ。

2017/06/01

ある日中学校でトランペットパートをレッスンしていた時のこと。

レッスンも終わりに差し掛かり、

「最後になんか聞いときたいことある?」って聞いたらパートリーダーさんが

「前来てた先生に『もっと全部の音を丁寧に』ってよく言われたんですけど『丁寧に吹く』ってどういう吹き方なんですか?」

 

パートリーダー曰く丁寧に吹こうとすると激しいところやはっきりしているところが上手くいかない(しっくりこない)のだそう。

確かに「激しい」を「丁寧に」って相反するような気がするのですが、僕は以前来ていた先生(ちなみに知り合い)が「全部丁寧に吹くんだよ」って言ったのもなんだかわかるような気がしていました。

 

「丁寧に吹く」の本当の意味

 前の先生が言わんとしていたことを考えているうちに、このような(とりあえずの)答えにいきつきました。

 

丁寧っていうのはついつい「慎重に」とか「やさしく」とかのニュアンスが強くなりがちだけど、本当は「大切に扱う」って意味なんじゃないかと思うんですよね。

 

だから「激しさ」を丁寧にってことを考えると、

どんなふうにやりたいかを具体的にして、それを本当に意識的に考えて、それを実行する必要があるなと思うんです。

まぁこれが正しいかどうかっていうのは置いておいて、今の自分の答えとしてはこれがいいんじゃないかなと思っています。

 

上手な人はどんな音も丁寧に吹く

そうであるなら上手な人はみんな丁寧に吹いている。

大胆に吹くときも、思い切ってでかい音を吹くときも、アホみたいな音を出すときも、わざと雑音のような音を吹くときも。

表現しようとするもののキャラをほんとうに大切に吹いている

やろうとすることのキャラを大切にする、つまり丁寧に吹くということなのでしょう。

 

結論:「丁寧」とは

最後に、丁寧というのは

今から吹こうとするもののキャラ(性格)に対する

心がけの整理の仕方

意識の明瞭さ

実現の積極性

を雑に扱わず、大切に考え大切に実行することではないのではと思います。

 

この文章を書いていて楽器に限らず目の前のことに対して「丁寧に」向かい合っていきたいなと改めて思いました。

ではでは。

 

-演奏に困ったとき
-