練習法が知りたいとき

譜読みスピードが速くなる!誰でもできる3ステップ

「譜読みがおそくてやってるうちにバテてちゃうんです。譜読みってどうやったら速くなりますか?」

 

 

譜読みの仕方って皆さんどうしてますか?

いきなり吹く?

聞いて覚える?

人に聞く?

 

今回はいつもより譜読みが断然速くなる3ステップをご紹介。

 

譜読みの3ステップ

①ドレミでうたう


まずはフレーズをドレミで歌ってみる。

オペラ歌手みたいないい声じゃなくてもまずは大丈夫。

リズムとドレミに着目して歌ってみましょう。

 

シドレッソッラーシドレーソソッファッソー♪

 

さて何の曲でしょう??

 

つっかえずに歌えるようになったら次のステップです。

 

 

②ドレミで歌いながらピストンを押す


次のステップは①にピストンを押しながらやります。

これが意外と難しい。

 

 

自分に

このフレーズはこういう指と音だよ

っていうのを教えてあげましょう。

 

最初はゆっくりでも構いません。

そのかわり

 

歌うのもピストンを動かすのもハッキリやりましょう

 

 

シ(2)ド(0)レッ(13)ソッ(0)ラー(12)シ(2)ド(0)レー(1)ソ(0)ソッ(0)ファッ(2)ソー(0)

 

 

できるようになったらいよいよ最後。

 

③楽器を吹く


おそらく③に到達した人はもう吹けていると思います。

これでOKです。

 

スカイブルードリームB完成です。笑

 

途中で止まっちゃったりしたら①か②でどこか問題があります。

①②にもどって確認作業です。

 

 

部活でやったら恐ろしいスピードで譜読みができたし音ミスも減った

この方法を部活で試したら

トランペットパートだけ以上に早く吹けるようになったことがありました笑。(もちろんその後ほかのパートにもちゃんと教えました)

 

また頭の中の「なんとなく」がなくなって、吹く事が具体的になったので

 

音のミスも減った

 

というのです。

 

ソルフェージュ(吹きたい音を具体的にイメージすること)の重要性を再認識しました。

 

音楽そのものが変わった

②をやっているときに

 

「ドレミもリズムも指ももっとハッキリやって

 

と言ったら、ビックリするくらい音楽的に歌ってくれたことがあります。

③で楽器を付けたときはもはや別人(笑)

 

吹くときの積極性が生まれ音楽が変わりました

「なんかしっくりこないなー」と感じた時にも有効

もう楽譜は吹けるようになったけど、なんだか同じところでミスしてしまう。

なんとなーく吹いてしまっている気がする。

 

そう感じたら②に戻りましょう。

ハッキリ歌うことなどがおろそかになっていたりするのがわかると思います。

 

 

まとめ

といった具合です。

譜読みをするときは

ドレミでリズム通り歌えること

それが指とリンクしてハッキリできること

 

これに気を付けてやってみてください。

 

 

-練習法が知りたいとき
-