楽器以外で困ったとき

後輩が上手で焦っている人へ

先日一緒に指導に行ったトロンボーンの先生とお話ししたときに「上級生病」という単語が出てきた。

 

【上級生病】・・・先輩がいなくなり最上級生になったことで「ちゃんと吹かなきゃ」「先輩なんだから」「後輩より吹けないなんてありえない」「一番吹けないとパート練習でものを言えない」という思い込みで、無理してでも譜面だけを追ってしまう病気。しばしば伝統的にその傾向がみられる場合が多い。

 

もちろん造語です。

 

先輩が引退する前まではとてもいい音で吹いていたのに、コンクールが終わって久しぶりに行くと「ん?なんか前と吹き方が違うぞ」ということが時々あります。

もちろん下手になったわけではないのですが、無理やり音符を並べてる感がすごいのです。

 

これは上記のように、最上級生がいなくなって今度は自分たちが引っ張っていくんだ!という強い責任感がおかしな方向に行ってしまうことで起きることがほとんどです。

 

またもう一つの原因に、最近ぐぐっと上手になった下級生の存在もあるかもしれません。入部したてと比べるととてもうまくなった下級生に感じる焦りを感じた人もいるのではないでしょうか。

 

 

不安や焦りは向上心の強い現われ

「先輩のくせに1st吹けないなんてありえない」とか「上級生なんだから吹けなきゃいけない」と思っている人、焦りや不安を感じてる人いると思います。
そんなかたに少しだけアドバイスです。

 

 

まずその不安や焦りは自分の向上心の裏返しだということを理解する

もともとは上手くなりたい、良くしていきたいという気持ちなのです。

 

・パート練習は出来ないところをしらみつぶしにする時間ではなく、お互いの良いところを発信しあい吸収しあう時間にする

出来てないところを指摘することは、「上級生なんだから吹けなきゃいけない」を生む原因になります。
出来なかったら、「より有効な練習方法を教えてた人が勝ち」みたいな感じでどんどん意見交換をしましょう。

 

また一緒に吹いている時間も、先輩後輩関係なく、

 

それ良いな!」と思ったものはどんどん盗むようにしましょう

 

逆に

 

「これ良いよ!」と思うことは吹いて示してあげたり、言葉で伝えたりしましょう

 

人の長所に気づくことは誰にでもある大きな才能です

 

上級生病に思い当たる人、そうでない人、吹ける人が吹けない人を教えるだけではなく、全員で上手くなりましょう

-楽器以外で困ったとき
-