楽器以外で困ったとき

基礎練習「曲練習前の儀式化」問題

ロングトーン、

スケール、

タンギング練習、

リップスラー、

ハーモニー等々・・・。

 

基礎練習と呼ばれるものは多々ありますが、各校の吹奏楽部にお伺いすると思うことがあります。(個人の練習でも言えることです。)

 

その練習、「曲を練習する前の儀式」になっていませんか?

 

どうして基礎練習をやるの?

基礎練習を毎日欠かさずやる、良い心がけです。
技術の向上心さえあればどんどんやってほしいです。

 

ですがこんな事態を時々目にします。

 

「基礎練をやってからじゃないと曲を吹いてはいけない」という認識からの「早く基礎練済ませちゃおう」という(無)意識があったり、

基礎合奏が「合奏前の全員の音だし」になっている。

 

正直ただ音を出しているだけのロングトーンはやる意味ありません。(トランペットはバテるし)

 

 
練習で大切なのは

 

 

その練習でなにができるようになりたいのか」

 

「なんでその練習をするのか」

 

 

が明確であることだと思います。

 

ロングトーンだったら

「スムーズな息の流れで吹く」だったり、

「理想の音色で吹く」、

 

基礎合奏だったら

「周りの音色を良く聞きながら吹く」

「バンド全体の響きを考えて吹く」

「バンドのバランスを聞きながら吹く」

 

とか、目的によって様々ですが意識することはたくさんあります。

 

スケールだったら

「スケール全体の音質はどうか」とか

「しっかりソルフェージュしながら吹く」とか・・・。

 

 

曲を練習するときであっても「何故吹くのか」を考えることは大切です。

 

コンクールで吹くから、アンコンでやるから、定期演奏会で、ただ好きだから(←これ全然アリ)

 

これがハッキリすると誰に吹くのか、どこで吹くのか、どう吹きたいか、なにが必要かがどんどん明確になってきます。

外部講師としても、方法をポイって渡すだけに終わるのではなく、上記のことをふまえた上で指導しなければいけないな、と日々思っています。

 

まとめ

この考え方、一度定着するとどんどん自分で育てて行けると思うんです。
そしたら自分の考えを友達に話してもいいし、人から聞いて参考にしたりしてもいい。
自然と楽器や音楽の事について考えている時間が増えると思うんです。

 

基礎練習が通過儀礼になってるなと感じている方、一回だけでも考えてみてはいかがでしょう。

-楽器以外で困ったとき
-