アレクサンダー・テクニーク 演奏に困ったとき

力の抜きすぎで逆にバテる。「効率のいい」の本当の意味

「効率の良い吹き方」誰しもが求める吹き方です。
トランペットという楽器にバテはつきものですし、バテないで楽に吹き切れたらそんなうれしいことはないです。

 

ですが考えなしに「効率の良い吹き方」を求めると、効率のよさとは逆効果の落とし穴が待っています。

 

「力が抜ける」は単なるイメージ

僕自身そうだったのですが、「効率の良い吹き方」と言われると

 

・ラクで
・少ない労力で吹けて
・脱力できていて
・辛くない吹き方

 

というイメージを持ちます。

それ自体は間違いではないのですがそのイメージだけ参考にしていると、

多くの人は「効率の良い吹き方=力を入れない吹き方」と勘違いしてしまうのです。
そうすると吹きたいものを吹くためのエネルギーまで抑えてしまうので、力のバランスが崩れバテや不調の原因になってしまいます。

 

こんな生徒さんがいました。
「フォルテが力んでる」と言われて、脱力しながら吹こうと思って吹いていたら、

息の支えがなくなったり、

プレスを無意識に避ける動きをしてしまったりして、

脱力しようと思って吹いたのに逆に疲れてしまった!

 

ラクになろうとしてバテてたら本末転倒です。

 

僕は「ラクに吹こうラクに吹こう」と思ってラクに吹けたことは一度もありません

 

 

「効率の良さ」って結局なんなの??

作業などで「効率の良さ」を求めると、「いかにラクできるか」ではなく、

 

「目的のためにいかに良く機能するか」

 

のほうが大切ですよね。

 

楽器演奏でも同じで、効率の良い吹き方というのは

 

「目的のためにいかに良く機能するか」

 

「必要な時に必要な力を必要の分だけ使う吹き方」

 

なのです。

 

僕は吹いていて外しそうな音があって怖い時、

意識的に唇とマウスピースの密着度を高めます(意識的にプレスをする)し

指がこんがらがりそうなときは意識的にハッキリピストンを押すようにしています
プレスはしないようにとは思いませんが、プレスをするところを意識的に決めることで他のところとの差がついて唇の血流が滞るのを和らげたり、口回りの筋肉の助けにもなります。

 

 

必要な時に、必要な力を、必要な分だけ

 

そのためにもどう吹きたいかっていうのが重要になってきますね。
必要な力ってそんなのわかんないよ!って実際に専門家のレッスンに行ってみましょう。
この記事が皆様のためにすこしでもなればと思います。

-アレクサンダー・テクニーク, 演奏に困ったとき
-,