演奏に困ったとき 練習法が知りたいとき

曲の練習がもたらす4つのメリット

トランペットやホルンは他の楽器に比べて発音事態に困難が生まれる難しい楽器です。
そのため演奏中どうしても

 

「音をあてよう・・・!」

 

「出るか不安だな・・・。」

 

と考えてしまいます。

でもそれがかえってミスを呼ぶことがあるのも皆さん知っていますよね。

 

そこで「ミスなんて気にしなくていいからもっと表現して!もっと音楽!」というアドバイスも耳にします。

 

「えー音が外れるのに音楽も何もないじゃん」

 

と思った方、そんなことはないんです。
「音」ではなく「音楽」にフォーカスをあてると確実に上達します。
理由もちゃんとあるんです。

 

 

楽器演奏すべてに共通する4つのメリット

音ではなく音楽そのものに着目して練習をすると、

 

①具体的な曲のイメージを思い浮かべるため、出したい音や曲の流れをより明確に意識するようになる(積極的なソルフェージュ)

 

②自分の演奏に対する考え方が、「その音を出す」から「曲を作り上げる」になるため、曲の途中で自分自身をジャッジしなくなる(演奏中の集中力の向上)

 

③ミスしたとしても着目点が音楽であれば、自己評価の尺度が「0か100か」ではなくなる(自己否定の排除)

 

④一つの音にこだわらず流れの事を考えられるため、息の流れが生まれる(技術的向上)

といった良いことが生み出されます。

 

積極的なソルフェージュ

演奏中の集中力の向上

自己否定の排除

技術的向上

 

 

上達や自信につながることばかりじゃないですか!

 

積極的なソルフェージュは自分の理想へ体を動かしてくれて、音はより磨かれ、演奏はより具体的で説得力あるものになります。
演奏中の集中力の向上は演奏途中でミスを気にすることはなくし、よりパフォーマンスが向上します。

それと同時にミスのせいで演奏途中に心が折れるのも防止します。

逆に「音だけ」にこだわってしまうと、音の関連性を失い、迷いが生ます。

 

もちろん曲の表現のなかで音を決めにかかるのはとてもいいことです。
ですがそれが音楽より先立って行われてしまうと、あまり良くないことが起こってしまう・・・・というより、音楽を大切にした方が前者の良いとこをカバーしつつ、さらに効果が望まれます

 

ミスが気になる方、なんだか演奏することに消極的だなと思う方、ぜひ参考にしてみてください。

-演奏に困ったとき, 練習法が知りたいとき
-, ,