未分類

「もっと吹け!」ってつまりこういうことです

昨日のアレクサンダー・テクニークのレッスンで「吹く時にパワーを使う」と言う言葉を耳にしました。
講師のバジルさんや先輩トレーニーの方がお話している時に、パワーと一言で言ってもたくさんの意味があるよな・・・と考えていました。

 

 

キーワードは「吹くことの『積極性』」

今回話題としてあがった「吹く時にパワーを使う」と言うのは、

腹筋に力を入れる、フィンガリングを強くする(確かにそういうアドバイスもその時ありましたが)、などのメカニックな部分でパワーを使うということではなく、

 

吹くこと自体、吹くという行為に対してパワーを使う

 

というものでした。

 

ちょうど次に見てもらった僕も

 

吸うことを積極的に」

 

「吹くことを積極的に」

 

「跳躍を積極的に」

 

 

というアドバイスをいただいて、あ、さっきの「パワーを使う」という言葉に通ずるところがあるな、と自分自身でどこか腑に落ちた部分がありました。

 

まとめ

楽器を演奏することは決して楽なことではないし、

もちろん各所が適切に働くようにしたり、

演奏のために普段しないような大規模な呼吸をしたりします。

これはとてもエネルギーを使う行為です。

 

ですが「演奏をする」というメンタル面にパワー(エネルギー)をつかうことも絶対に必要です。
ひとに何かを伝える、表現するということ自体相当なパワーを必要とするからです。

 

 

この「パワーを使う」が悪い方向に向かってしまうと

 

「もっと気合入れて吹け!」

 

「もっとちゃんと吹け!」

 

になるのかなぁと思うのです。

逆に言えば、そういってくる人が求めていることこそ「演奏自体にパワーを使って」「もっと積極的に」になるのではないかと思いました。

 

プロとアマの何が違うかって、もしかしたらこの「演奏に向かうパワーの差」なのかもしれません。

 

プロとして活躍されている方たちは「演奏に向かうパワー」というのがものすごいあって、そのパワーについていくように今の技術が磨かれていったのかなと思いました。

 

山本浩一郎さんが「まずは音楽ありき」と言っていたことも通じますね。

 

抽象的なことではありますが、何かをする上でのパワーについて深く考える良い機会となりました。

-未分類
-,