演奏に困ったとき 練習法が知りたいとき

音を変えながらダブルタンギングをするには

ダブルタンギングで速く音階を吹くのができません!というメールをよく頂きます。
確かに口も忙しいのに指も忙しくてぐちゃぐちゃになっちゃいますよね。
そんな悩みを抱えている方に練習法をお伝えします。

 

 

できない方こちらの手順をどうぞ

①その吹けないところをシングルタンギングで一番楽なテンポで吹く

 

②次にシングルタンギングでできる一番速いテンポで吹く

 

③②と同じテンポでダブルタンギングで吹く

 

④テンポを上げてみる

 

⑤指定テンポでできる

 

 

ダブル(ないしはトリプル)タンギングで難しいのは速い時ではなくむしろ遅い時ですよね。

 

ですが速いテンポで「あーできねー!」ってさらっていてもなかなか上達はしません。

 

遅いテンポで息やタンギング(tとかkとか)や指などを合致させることができれば、あとはスルスルとテンポが上がっていきますよ

 

来年度のコンクール曲にスミス(フェスヴァリとか華麗なる舞曲とかルイブルジョアとか)を視野に入れているあなた!

今からダブルタンギング対策してみてはいかがですか?

-演奏に困ったとき, 練習法が知りたいとき