演奏に困ったとき

効率よく上達するのための4ステップ

(人にもよりますが)吹けば吹くほどバテるトランペット吹きなら短い時間で上手くなる方法はのどから手が出るほどほしいですよね。

あるんです。むやみに吹かず効率的に練習する方法

ぼくはそのために4つのステップを踏みます。

 

 よりよく上達したい時に考える4ステップ

①何が起こっているのか考察する

・出した音はどうなったか
・出した時の身体はどうなっていたか
・その時に何を考えていたか
・どんな点に不快感を覚えるか
・どこがミスったか  等々・・・

まずは現状を知り、情報収集をすることです。

 

 

②なぜそれが起こったのか考える

・息のスピードはどうだったか
・ピストンはちゃんと押せていたか
・ミスする前に力んでいなかったか
・ソルフェージュはちゃんとできていたか
・目的もなくなんとなく吹いていなかったか

収集した情報をもとに原因を追究します。

 

 

③ ②をもとに技術面、思考面から別のプランを考える

・息のスピードが遅かったから、今度は息のスピードに注意してやってみよう
・なんとなく吹いてしまっていたから、今度はしっかりソルフェージュしてピストンもしっかり押そう
・高い音に気構え過ぎてしまったから、今度は高い音を意識せずただまっすぐ吹いてみよう
・何が起こったか注意してなかったから、次は観察に力を入れて吹いてみよう

 

 

ただ繰り返すことはせず、常に変化を求めることが練習においては大切です。
そのためには前までやっていたことに変わる代替プランを実行することが一番効果的です。

 

 

④ ③のプランをやってみる

 

やってみます。(笑)

それで思うような結果にならなければ①にもどり

情報収集→原因追究→対策プラン作り→実行

を繰り返します。

 

思うとおりに吹けたなら、そのことにおおいに喜びましょう!
成果を認めてあげることが更なる成長には欠かせません
まずは自分自身が認めてあげることが大切です。
上手くいったプランはどんどん試せばいいのです。

 

こんな風に考えてみよう

まぁ文章にすると難しいですが、頭の中では

①「あ、High Bに向かうところで音が外れてBもでてないな」→
②「息のスピードはまぁあったし・・・Bを意識しすぎていたのかも。」
③「今度は前の音をしっかりならして、その延長でBを出そう。Bはそんなに難しい音じゃないぞ。」
④兼①「たしかにBはでたけど発音がイマイチ」

②「指が遅くてハッキリ聞こえなかったのかも」

③「今度はさっきのにプラス指をしっかりしてよう」

④「思うようにできた!」(わーい)

 

という感じで考えています。

唇の負担を極力少なく、また速い速度で上達していくためのプロセスでした。

-演奏に困ったとき
-