未分類

呼吸を変えたことで楽器を吹く前に問題解決した生徒

2016/05/29

とあるレッスンの内容。

今回の学校では

・肺は想像以上にデカイ

・肺は息をすると全方向に膨らむ

・肋骨はめっちゃ動く

・息の方向は下から上に吹き上がる

を実感してもらうべく、ブレストレーニングからじっくり練習していきました。

そしたら出し始めの一音で教室が音で満ち溢れました!

あの吹き方毎日やったらきっと凄いことになるな!と自分自身で思ってしまいました。笑

そのあと

「楽器を吹くときなんか困ってることとかある?」

って聞いたら生徒が

「これやる前はありましたけど、今めっちゃ調子いいんでもう大丈夫そうです。」

っていう問答があったのが面白かったです笑

 

良質なブレスで楽器をならせば、音量、音質、音色、音程すべてに良い影響があるんですね。

やはり息を吸う上で、肺の大きさを正確に認識してないことで損をしていることってあると思います。

「腹式」や「胸式」の言葉に囚われずに、肺をフルに使った呼吸(言うなれば全身呼吸)をもっと多くの人に実感していただきたいです。

-未分類